本文へジャンプ
囲碁・将棋/ トウシン ニュース&トピック   

          囲碁・将棋に関するニュースとトピックです。 by トウシン

富士駒の会作品展示会 第2回東京展が開催されます。 H29.4.3

富士駒の会作品展示会第2回東京展が開催されます。

ところ 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビルマイナビルーム 東コア2階
とき  平成29年5月6日(土)10:00〜17:00



児玉龍兒名古屋個展開催のご案内 H29.4.3

児玉龍兒名古屋個展開催のご案内。

ところ 名古屋市中村区名駅4-10-25名駅 IMAIビル8階1室
とき  平成29年4月22日(土)11:00〜18:00
             23日(日)10:00〜15:00


映画「聖の青春」を観てまいりました。 H28.12.14

映画「聖の青春」を観てまいりました。私がこの手の映画・テレビで気になることは俳優さんの将棋を指す手つき。これがダメだとハッキリ言って興醒め。「聖の青春」は聖役の俳優さんはまずまず。おそらくかなり練習されたと思います。羽生さん役の俳優さんはすこし落ちますがそれでも従来の俳優さんに比して相当に改善されていると思いました。他の方は・・・。


日本将棋連盟の2017年カレンダーの表紙に各先生の駒が掲載されました。 H28.9.27

日本将棋連盟の2017年オフィシャルカレンダーの表紙に富月(水無瀬)、秀峰(王義之)、竹風(鵞堂)、掬水(錦旗)、寉峯(菱湖)、淘水(清安)(掲載順)の各先生の駒が掲載されました。




児玉龍兒作品展のご案内 H28.9.27

児玉龍兒作品展が開催されます。

ところ 仙台市情報・産業プラザ(仙台市青葉区中央1−3 TEL022-724-1200)
とき  平成28年10月15日(土)16:00〜20:00
              16日(日)10:00〜16:00

 



第25回富士駒の会作品展示会のご案内 H28.9.15

   今年も恒例の富士駒の会の作品展示会・併設 祝「盤寿」(81歳)松浦作品展が開催されます。

ところ 富士宮市民文化会館2階和室(静岡県富士宮市大宮町14−2 TEL0544-23-1237)
とき  平成28年10月8日(土)〜9日(日) 10:00〜17:00
主催  富士駒・駒作りの会(会長/笠井敏雄・事務局/大澤建夫 TEL090-4231-0753)

 



酔棋製作駒「第4回個展」−たかが駒、されど駒−が開催されます。 H28.9.13
 
 2016年10月15日(土曜)・16日(日曜)の2日間、東京・高田馬場、増山酔棋師のご自宅において酔棋製作駒「第4回個展」−たかが駒、されど駒−が開催されます。

 



合同会社二歩主宰の「名匠たちの駒展示・即売会」が開催されます。 H28.6.3
 
 6月4日(土)に合同会社二歩主宰の「名匠たちの駒展示・即売会」が東京千代田区のマイナビルーム東コア2Fにて開催されます。



第1回東京展「富士駒の会 作品展示会」が開催されます。 H28.4.4
 
 富士駒の会作品展示会 第1回東京展が5月3日(祝)に東京千代田区のマイナビルーム東コア2Fで開催されます。

 当日は私もお伺いして勉強させていただきたいと思います。



富士駒の展示会にお邪魔してまいりました。 H27.10.19
 
 先日(10月10日)、富士駒の会作品展示会(富士宮市)にお邪魔してまいりました。大澤富月先生はじめ蛍雪、松浦、寉峯、隆月、富石、竜宝・・・そうそうたる富士駒の先生方に混じっての駒談義。楽しい秋の一日を過ごさせていただきました。

 富士宮。気候が良い、人情に厚い、景色が良い、町がキレイ、焼きそばがうまい。サイコーでした。



第25回富士駒の会展示会のご案内 H27.6.15
 
 今年も恒例の富士駒の会の作品展示会が開催されます。作品について、大澤富月師はじめ著名駒師が直接ご説明いたし、もちろん販売もいたします。出展作品数約200点。

ところ 富士宮市文化会館2階和室(静岡県富士宮市大宮町14−2 TEL0544-23-1237)

とき  平成27年10月10日(土)〜11日(日) 10:00〜17:00

主催  富士駒・駒作りの会(会長/笠井敏雄・事務局/大澤建夫 TEL090-4231-0753)

制作指導  大澤建夫(号、富月)/石川清満(号、清峰)


大澤富月先生の作品が竜王戦第1局(ハワイ対局)に採用されました。  H26 10/27

当社サイトでお馴染みの大澤富月先生の作品がビッグタイトル竜王戦第1局に採用されました。なんでもハワイ在住の名駒コレクター氏の愛蔵の品だそうです。これで師の作品は名人戦・竜王戦の2大タイトルで採用されたことになります。タイトル戦は多くの場合連盟所蔵の駒(名人駒・掬水水無瀬・児玉龍兒錦旗)、もしくは会場となった旅館所蔵の駒が使用されますので一般の駒師の作品が採用されることはほとんどありません。富月師、巨匠の仲間入り・・・、というところでしょうか。

「第6回/国際将棋フォーラムIN静岡」が開催されます。  H26 10/27

平成26年12月6日(土)〜7日(日)に徳川家康公顕彰四百年記念事業として静岡県コンベンションアーツセンターにて開催されます。当日は谷川連盟会長・羽生名人等著名棋士が多数来場いたします。大規模な将棋祭りみたいな感じだと思います。入場無料だそうです。

 

第24回「富士駒の会」作品展示会のご案内  H26 9/2

 今年も恒例の富士駒の会の作品展示会が開催されます。作品について、大澤富月師はじめ著名駒師が直接ご説明いたし、もちろん販売もいたします。出展作品数約200点。
協力出演 盤つくり実演 吉田寅義

ところ 富士宮市文化会館2階和室(静岡県富士宮市大宮町14−2 TEL0544-23-1237)

とき  平成26年10月11日(土)〜12日(日) 10:00〜17:00

主催  富士駒・駒作りの会(会長/笠井敏雄・事務局/大澤建夫 TEL090-4231-0753)

制作指導  大澤建夫(号、富月)/石川清満(号、清峰)


平成25年度タイトル戦採用駒  H26 5/7

 平成25年度タイトル戦(71期名人戦〜39期棋王戦)、全34局中11局に天童の巨匠「桜井掬水」師の作品が採用されました。
 タイトル戦の多くは開催地の好事家の所有する名品が採用されます。が、中には連盟で用意することもままあり、その際は連盟所蔵の「奥野(名人駒)」「掬水」あるいは「児玉龍兒」が用意されます。従いまして人気・実力とは直接の関係はございませんがマニアの方のお話のネタにでもなればと存じます。

 掬水11局  児玉龍兒6局  影水4局  竹風3局  良尊2局  雅峰2局 以下略

消費税につきまして。  H26 4/10

 消費税につきましては「トウシン盤駒店」は従来どおり内税表示方式。トウシンオークションにつきましては同じく従来どおり弊社にて負担させていただきます。あくまで私個人の意見ですが、趣味の世界に5パーセントだ、やれ8パーセントだというハナシはどうも手触りがよくない。味が悪いと考えるためです。
 実は、お気づき方も多いと思いますが当社では送料も代引き手数料も消費税はいただいておりません。僅かなことではございますが当社のサイトでお遊びになられるお客様には「税」などという俗なことは忘れて楽しんでいただきたいと考えるためです。
 どうか今後ともトウシン盤駒店・トウシンオークションをよろしくお願いいたします。
                        平成26年4月1日

 八代目駒権の書体  H25 12/27

八代目駒権、赤松元一の駒字は多数存在し、私も実はその上下関係、七代目駒権の残した書体との関係等につきましてはよく整理が出来ておりませんでした。

途中経過報告ですが書体の上下関係につきましては概ね次のようなものではなかったかと思います。

「清風」〜「雲竜」〜「香梅」〜「宝玉」〜「春寿」〜「坂田好・錦」(別書体同等)〜「蜀紅・竜司」(別書体同等)
(左から右の行くに従い高級化)

私の研究も行き届かずまだまだ不明の点も多いのですがマニア諸兄のご意見は如何でしょうか。

 「トウシン盤駒店」がYAHOOショッピングに出店いたしました。  H25 12/19

「トウシン盤駒店」がYAHOOショッピングに出店いたしました。一部の名品を除き、いつでもどなたでもクレジット決済で簡単にお買い物をお楽しみいただけます。一度ご覧くださいませ。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/tohsin-bankomaten/

 第26期竜王戦採用駒  H25 12/2

第26期竜王戦が森内名人の4−1のタイトル奪取で終了いたしました。
採用された駒は・・・

第1局 影水作錦旗
第2局 良尊作古水無瀬
第3局 思眞作清定
第4局 児玉龍兒作錦旗(連盟所蔵)
第5局 雅峰作宸筆錦旗

でした。
 大澤富月師が「将棋世界」誌に紹介されました。  H25 12/2

当社のサイトでご活躍の大澤富月師が「将棋世界」誌、2014年1月号に紹介されました。「駒に生きる」という特集でカラーページ7ページにわたる大きな企画です。

作品も名品が5点ほど掲載・販売されていています。是非ご覧下さい。

 

 第23回「富士駒・駒作りの会」作品展のご案内  H25 9/12

第23回「富士駒・駒作りの会」作品展のご案内

今年は富士山が世界文化遺産に登録され、富士を仰ぎ駒を制作できることに喜びを感じている次第です。今年も「富士駒・駒作りの会」の作品発表会及び展示即売会を富士宮市文化会館にて、開催させていただく運びとなりました。「富士駒・駒作りの会」も富士宮にて発足し早20有余年、会員数も30余名に発展し、技術的にも周囲から高くご評価いただけるようになって参りました。
会場にはゆっくり駒をご覧いただけますよう、お茶・お菓子などを用意いたしております。どうかご来場の程、宜しくお願い致します。
                     富士駒・駒作りの会 笠井敏雄

ところ 富士宮市文化会館2階和室(静岡県富士宮市大宮町14−2 TEL0544-28-1287)

とき  平成25年10月12日(土)〜13日(日) 10:00〜17:00

主催  富士駒・駒作りの会(会長/笠井敏雄・事務局/大澤建夫 TEL090-4231-0753)

制作指導  大澤建夫(号、富月)/石川清満(号、清峰)

 大澤富月師が富士宮市の新聞「Face to Face」に紹介されました。  H25 7/4

当サイトでお馴染みの大澤富月師が富士宮市の新聞に紹介されておりました。
経歴、富士駒の会、将来のビジョンまで幅広く語られています。

 

 大橋先生の「大橋利一」襲名のご報告と記念作品展示会のお知らせ。 H25 6/18

当社サイト、東京の老舗専門店等でお馴染みの秋田の組子細工の名人、大橋茂師。
師は厚生労働省認定「現代の名工」大橋利一師の下で長く修行された美術組子の第一人者。師の制作する超高級美術組子建具(襖・欄間等を得意としておられます)は軽く100万円を超える名品ばかり(多くは大橋利一銘の作品)。

http://www.meikoukai.com/contents/town/13/13_4/index.html
 
そうした大橋茂先生が6月、師匠の大橋利一先生に許され美術組子の名跡としての「大橋利一」を襲名なさいました。

この度「大橋利一」襲名を記念して師の駒箱作品展を当社HPにて開催させていただく運びとなりました。
もちろん販売もさせていただきますのでどうかご覧くださいませ。

尚、大橋茂先生と師匠の大橋利一先生は姓はたまたま「大橋」で同じですが父子ではなく、あくまで師匠と弟子の関係だそうです。

 第71期名人戦採用駒  H25 6/18

第71期名人戦が森内名人の4−1の防衛で終了いたしました。
採用された駒は・・・

第1局 奥野一香作宗歩好(連盟所蔵/名人駒)
第2局 富月作錦旗
第3局 掬水作水無瀬(連盟所蔵)
第4局 掬水作水無瀬
第5局 竹風作菱湖

でした。

 「将棋駒研究会(通称、駒研)」の作品展示販売会のお知らせ H25 6/17
    
現代駒の巨匠、北田如水師の主宰する「将棋駒研究会(通称、駒研)」の作品展示販売会が平成25年10月5日(土)〜6日(日)東京恵比寿のギャラリーコウゲツ(tel03-3711-9980)にて開催されます。当日はめったに見ることの出来ない如水師の作品はじめ多くの会員の先生方の作品、またオークションでお馴染みの中澤蛍雪師・二見菊一師の作品も展示される予定だそうです。

ギャラリーコウゲツ 
http://www.ko-getsu.co.jp/saiyo-joho.html

 今期名人戦に採用されました富月作「錦旗」を拝借して参りました。 H25 5/2

今期名人戦第二局に富月師の「錦旗」が採用になりました。今まで多くのタイトル戦の盤上に師の作品が活躍いたしましたが今回はタイトル戦の最高峰、「名人戦」。前期・今期の名人戦8局中、現代駒師(存命中の先生)で採用になった駒師は桜井掬水師・児玉龍兒師、そして大澤富月師の三人しかおりません。現代駒師の最高峰に位置する先生といえると思います。
名人戦に使用された作品を拝借して参りました。因みに駒箱は「松浦」の島桑隅丸。

 

 名人戦第二局に「富月」が採用になりました。H25 4/22

名人戦第二局に当社のサイトでお馴染みの大澤富月師の作品、「富月作錦旗島黄楊赤柾」が採用になりました。 因みに駒箱は「松浦清治作島桑隅丸」でした。

当社にて販売中の「富月」「松浦」作品。
http://www.tohsin.com/koma/koma-top.html
http://www.tohsin.com/komabako/komabakotop.html


 名人戦第二局前夜祭に行ってまいりました。H25 4/22

森内対羽生。第72期名人戦第2局は静岡県冨士市。「富士駒の会」の地元です。前夜祭会場にて作品展示会を開催すると伺い見学させていただきに行ってまいりました。いつも思うことですが富士駒の皆さんの作品の見事さ、そして熱心さ、会員同士の絆の強さには感心させられます。笠井会長、大澤技術顧問のお人柄でしょうか。

前夜祭はもちろん大盛況で、私は久しぶりに「ナマハブ」を見ることが出来て満足でした。



 平成24年度タイトル戦使用駒   H25 4/2

平成24年度タイトル戦(70期名人戦〜38期棋王戦)、全31局中9局に天童の巨匠「桜井掬水」師の作品が採用されました。
タイトル戦の多くは開催地の好事家の所有する名品が採用されます。が、中には連盟で用意することもままあり、その際は連盟所蔵の「奥野(名人駒)」「掬水」あるいは「児玉龍兒」が用意されます。従いまして人気・実力とは直接の関係はございませんがマニアの方のお話のネタにでもなればと存じます。

掬水 9局  児玉龍兒 4局  影水 3局  良尊 3局  竹風 3局 以下略

      
  駒師、竜真展示会「彫り駒 玉舟を語る」  H25 4/1

駒師、竜真(岩ア隆真真言宗智山派金蓮院第29世住職)展示会「彫り駒 玉舟を語る」がgallery M(ギャラリー エム)にて開催されます。

竜真は戦後〜昭和40年代に活躍した彫師ですがその名を知る方は少ないと思います。師は木村文俊の工房の外職人で作品のほとんどが「玉舟」でした。

期間  2013年4月3日〜5月31日 10:00〜20:00

内容  彫り駒「玉舟書 竜真作」
       玉舟の字母印(版木)竜真作
    竜真の駒作りの道具
   
場所  gallery M(ギャラリー エム)
    千葉県館山市安布里225-12
     0470-23-4949

その他の展示  陶芸・書・油絵


  富士駒の会/作品展に行って参りました。  H24 12/8

富士駒の会/作品展に行って参りました。

先日(12月8〜9日)、富士駒・駒作りの会作品展示会が富士宮市で開催されました。私もお邪魔させていただき勉強させていただきました。笠井会長・大澤先生はじめ会員の皆様にはタイヘンお世話になりました。ありがとうございました。


  

   




  角建逸著「はじめて詰将棋」が出版されました。 H24 11/19

角建逸著、羽生善治監修「はじめて詰将棋」が主婦の友社より出版されました。著者の角建逸先生は知る人ぞ知る詰将棋創作の第一人者。長く将棋連盟にお勤めでしたがフリーランスの将棋関係専門の編集者として独立致しました。先生は将棋の日本文化としての側面に特に造詣が深く、わたしはいつも教えていただいております。

今回の「はじめて詰将棋」は著者が動かし方を覚えた程度の小学生に「詰み」という将棋のゴール・目的を感覚として覚えてもらうことを目的に書き下ろしたそうです。羽生先生の監修を得てきれいな立派な本になりました。定価1,050円。






  大澤富月先生が監修した「任侠ヘルパー」、観てきました。 H24 11/19

当オークションでお馴染みの大澤富月先生が駒制作を指導した映画、「任侠ヘルパー」を観てきました。

初めの部分に刑務所内の職業訓練で彫り駒を制作するシーンがあり、撮影の為、主演の草gさんや堺さんに駒の制作を指導したそうです。物語は王将の裏に彫られたメッセージから展開して行きます。駒裏のメッセージは富月先生が彫られたそうですが上手すぎてNG。何回も彫りなおしてどうにか下手に?彫れたそうです。映画館で映画を観るのは久しぶりでしたが楽しい作品でした。

あと、もう1シーン、詰将棋を解いているシーンがありましたがなかなか見事な赤柾でした。もちろん富月先生が撮影用にお貸しした作品だそうです。
                                                                                    

  

   

Copyright (C) Tohsin, All Rights Reserved.